第45回歴史講演会のお知らせ

かんもん北九州ファンクラブの皆さん


下記歴史講演会を10月14日に開催いたします。
コロナ渦の影響が暫く続きますので、参加者数を先着20名にて開催しますので参加される方は早めにご連絡頂きますようお願いいたします。

担当: 井崎 淳一郎
              記

1. 演題:どこが凄いの? 俵屋宗達 ~名作「風神雷神図」を読む~ 
 近年、日本美術に対する関心が高まっています。とりわけ、浮世絵と共にブームとなっているのが「琳派」芸術です。
「琳派」が表現した世界は、“日本美の典型”と言われており、その先駆者が俵屋宗達です。
俵屋宗達は、大和絵の伝統を大胆に革新し、独創的な絵画を生み出しました。その斬新な美意識は、その後、尾形光琳、酒井抱一へと時代を隔てて継承され、現代美術にも生きています。

その根底に流れる美学とはなにか。国宝「風神雷神図?風」を始め、俵屋宗達の代表的な作品を読み解くことによって、私たちが普段は意識していないにも関わらず、そのDNAの中に潜んでいる日本的な美意識を喚起します。
2 講 師: 斎藤陽一氏(美術ジャーナリスト、美術史学会会員、元NHKプロデューサー)
3 日 時:令和2年10月14日(水)18:00~20:00
4 場 所:九州工大鳳龍クラブ 港区新橋2-20-15
       新橋駅前ビル1号館5階(03-3572-2009)
5 参加費:2,000円
6 申込み:10月7日(水)までに、メール(kankitafc@gmail.com)
      又はFAX:03-5539-3819
でお願いします
なお、講演会終了後、希望者での懇親会を予定しています。(会費3000円)
申込み時に懇親会の出欠につきましてもご連絡願います。

※このメールは発信専用ですので返信はしないようにお願いします。 

申し込み、問い合わせ先は、  E-mail:kankitafc@gmail.com FAX:03-5539-3819 又は、 会報送付時の宛先裏面の申し込み票をご利用ください。
以上

2020年09月15日