乗物

平成8年(1996年) 若戸渡船         上釜真一殿提供

若戸大橋は開通当時歩道も併設されていたが、車道の交通量の増加に伴い、車線増設のため歩道は廃止され、若戸渡船は貴重な足として今日も活躍している。

昭和61年(1986年)国鉄と西鉄路面電車の並走の八幡東区山王付近 橋本倫子殿提供

国鉄は民営化しルートも変更された。西鉄の路面電車も廃止され、現在この風景は見れない貴重な写真

昭和36年(1961年) 鹿児島本線北九州地区電化直前        有田秀明提供

SL牽引のブルートレイン EL牽引に変更になる直前の最後のチャンスの写真を黒崎ー折尾間で撮影。

昭和36年(1961年) 鹿児島本線北九州地区電化直前        有田秀明提供

鹿児島本線北九州交流電化工事完成直前の風景 鹿児島本線は電車での運行が一部開始され始めた。石炭運搬用のセムが多く連結されている貨物列車は、非電化区間の筑豊本線へ乗入れのためSL牽引で運行。黒崎ー折尾間で撮影。

平成8年(1996年)JR筑豊線若松駅     上釜真一殿提供

今は無き機関車牽引のレッドライン50系とキハ47