定例役員会報告


平成31年(2019年)度 定例役員会 議事録

 日時:平成31年2月5日午後4時~5時
 会場:九州工大鳳龍クラブ
 出席者(8名):藤城昌三、井崎淳一郎、梅原英毅、中野栄二、田中悟、藤田康子、三浦正壽、有田秀明
 委任状提席者(7名):阿南文能、井出悠子, 岡村勝義、大鬼諌、木村英太郎、 豊田千年、広瀬知也

(出席者及び委任状提出者の氏名の記載順位不問)

【1】 2019年役員人事
  定例役員会は定数を満たしており、役員会は成立する。
  2019年役員人事案を承認した。職位と担当業務は別紙人事案通りである。
  任期は2019年1月1日から2020年12月31日までの2年間である。
  なお川上時彦と本多忠夫の両幹事は、前期をもって退任した。

【2】 2018年会計報告及び2019年度予算案                             ・2018年度会計(2018年1月1日~12月31日)を承認し、中野会計監事は報告書に署名・捺印した。
 ・2019年怒予算案は、原案通り承認された。方針として
  1)収支均衡を目指す(次期繰越金を前年度と同じ1,327,219円とする)
  2)各種イベントは原則収支0(ゼロ)、若干の黒字を目標に企画する
  3)会員拡大に努め、会費収入増を図ることとする。

【3】 2019年かんもん北九州ファンクラブ運営方針・年間行事予算 
   提示された2019年スケジュール案について、下記修正案を行った。
 ・2月5日  定例役員会を追加
 ・2月22日  行橋市 森東京事務所長による講演会と明記
 ・3月6日  新人歓迎会は8月9日の暑気払いと同時開催とする。
  (なお2019年かんもん北九州ファンクラブスケジュールは上記項目は修正済)

【4】 その他 
 ・2019年の入会会員17名の紹介
 ・藤城代表は当会の本年度の活動方針は会報の新年号(第133号)で述べた「会員の生きがいに応えること」を
  改めて力説された。
 ・会則の見直し(会報の発行回数・会員名簿の発行等)をおこなった。詳細は改定された会則を参照のこと。